子授け神社参拝の豆知識

神社参拝の知識

子授け神社をお詣りする時、神社の基本的な作法がよく分からなくて、ドキマギしたことはありませんか?

平野神社のコスモス

子授け神社にお参りに行くたびに、神社や参拝の作法について何も知らないことを痛感しました。
せめて、失礼ならない程度のことは知っておきたいものだとの思いから、神社にまつわるまめ知識を集めました。
参拝の時に参考になりましたら、うれしいです。

開運へとつながる神社祈願の心構えと基本作法をぜひ覚えて、お願いを聞いて頂きましょう。


神社の作法

神事の作法は全て右回り、左側通行です。

出雲大社

神社を参拝する時は左側を歩き、参拝後は時計回りに振り返りそして左側を戻ります。

榊を供える手順、神輿の方向転換も時計回りです。

これは、武士は帯刀していた為と言われています。


手水舎

参拝するには

鳥居の所で衣服を整え、軽く一礼します。
境内に入り、手水舎(ちょうずや)の水で両手を清め
口をすすぎます。

手水の作法

①左手を洗い清める-右手に持った柄杓(ひしゃく)に水を汲み、左の掌に掛けるようにします。
②右手を洗い清める-右の掌を左手の時と同じように清めます。
③口をすすぐ-再び柄杓を右手で持ち、水を左の掌に受けて口をすすぎます。
(注:この時柄杓に直接口をつけてはいけません。)
④もう一度左手を清める-①の要領で左の掌を清めます。
⑤仕舞う-水を入れた柄杓を両手で持ち垂直に立てて、柄に水を流して洗い清め、柄杓置きに伏せて置きます。

手水奉仕を受ける時

①両手を洗い清める-両手で水を受けて清めます。
②口をすすぐ-もう一度両手で水を受けて、その水で口をすすぎます。
③もう一度両手を清める-再び両手で水を受けて洗い清めます。
④最後に-拭紙(ぬぐいがみ)で口を拭ってから手を拭います。

神社の鈴

参拝の作法

神前に向かう道(参道)の中央は避けて通ります。

参道の中央は正中(せいちゅう)といわれ、神様の通る道をされているため、そこを通る事は神への礼儀に欠けることとなってしまうからです。

拝殿に着くと拝殿前で賽銭(さいせん)を上げて、鈴を鳴らしてから拝礼します。 拝礼は「二拝ニ拍手一拝」が一般的です。

ニ拝ニ拍手一拝の仕方

①直立の姿勢から90度に深々と身体を折り、頭を下げます。これをを2回繰り返します。
②2回拍手(かしわで)を打ちます。
③両手を合わせ祈ります。
④1.と同じように90度に身体を折り、1度だけ礼をします。

神社の瓦

最後に

拝礼をしたら右回りに振り返り、拝殿を後にします。
鳥居をくぐる時も、軽く礼をして神社を後にします。

お母さんになりたいという願いを現実に!

子宝・不妊によいと言われる天然石 子宝の天然石を集めたブレスレットやストラップなど、いつも身に付けていたいものばかりです。

マーク詳しくはこちらから

各地の子授け神社・子宝のパワースポット

北海道  北海道
東 北  青森  岩手  宮城  秋田  山形  福島
関 東  東京  神奈川  埼玉  千葉  茨城  栃木  群馬
甲信越  新潟  山梨  長野
北 陸  富山  石川  福井
東 海  愛知  岐阜  静岡  三重
近 畿  大阪  兵庫  京都  滋賀  奈良  和歌山
中 国  鳥取  島根  岡山  広島  山口
四 国  徳島  香川  愛媛  高知
九 州  福岡  佐賀  長崎  熊本  大分  宮崎  鹿児島
沖 縄  沖縄