子宝温泉の豆知識

温泉がもっと楽しくなる温泉豆知識-温泉の入り方

正しい温泉の入り方

知っていそうで意外に知らないのが温泉の入り方です。
かけ湯や半身浴、マッサージなど、より体に効果的な入浴方法を実践してみましょう。

1.入浴前にはかけ湯を 
かけ湯は身体の汚れをさっと流すとともに、「これから温泉に入りますよ」と身体に伝える役目があります。熱い風呂にいきなり浸かると、そのショックで血圧が急上昇するので大変危険です。身体への負担を減らすためにもかけ湯は必ずしましょう。


2.半身浴でゆったりと 
一気に肩まで浸かってしまうと、すぐ疲れてしまうことがよくあります。温泉を楽しむためには、半身浴から始めるのがオススメです。最初は物足りないかもしれませんが、暖められた血液が身体中を回って、すぐにポカポカになってきます。


3.半身浴から全身浴へ 
「膝から下→腰から下→胸から下→首まで浸かる」のプロセスをゆっくり時間をかけながら、温泉を楽しみましょう。


3.血行促進の入り方 
湯船に浸かっている時間は、42℃以上の熱めでは一回10分、37℃から39dぷらいのお湯なら20分程度の入浴、1日3回程度が良いと言われています。でも、お湯に浸かると意外に体力を消耗しますので、無理は禁物です。


4.上がり湯はちょっと待って 
上がり湯は、温泉の成分を肌になじませるために、しない方が良いと言われています。でも、泉質によっては肌へに負担が多い時もあります。そんな時は、上がり湯でさっと洗い流しましょう。ひざから下に冷水をかけると、湯冷めの防止にもなります。


水

5.水分補給を忘れずに 
温泉にはいると、たくさん汗をかいたり利尿作用が促進されたりと、代謝が活発になります。ほっと一息ついて、つい忘れがちなのが水分補給。血液をサラサラにするためにも、湯上がりには忘れずに水分補給をしましょう。


タオル

6.美人肌への道 
肌が乾かないうちに化粧水を!といわれていますが、温泉から出たばかりの肌は、汗がたくさん出ています。ですから、化粧水は汗がひいて角質が潤っているうちにつけるのが良いですね。温泉成分と化粧水の両方が肌に浸透して、潤いアップで美人肌へ一歩近づきます。


湯船

7.気をつけたいこと
* タオルや手ぬぐいは湯船につけるのはマナー違反です。
綺麗なタオル・手ぬぐいでも周りの人はいい気持ちしませんので、たたんで頭にのせたり、桶にいれて浴槽の外に置くなどにして下さい。

お酒を飲んだ後の入浴は、体(特に心臓)に良くありません。他の人の迷惑にもなりますので、お控えください。


他の温泉の楽しみ方を見る

■温泉いろいろ
■温泉の読み方


お母さんになりたいという願いを現実に!

子宝・不妊によいと言われる天然石 子宝の天然石を集めたブレスレットやストラップなど、いつも身に付けていたいものばかりです。

マーク詳しくはこちらから